タグ: パイプカット

切らないパイプカットがあるってホント?

日本でも話題の切らないパイプカット

パイプカットとは、精管をしばることで睾丸から精子が精液の中に入るのを防ぐ避妊手術です。
男性ホルモンは従来どおり睾丸から出るため、男性的な特徴がなくなることはなく安心して手術を受けられます。
精管には精子を運ぶ役割がありますが、パイプカットの施術を受けると精子を運ぶ機能はなくなります。
睾丸でつくられた精子は、睾丸で吸収されます。
パイプカットを受けても男性の精力が減退することはなく、増加する人もいます。
精管を見つけ出すのは高度な技術が必要なので、熟練した泌尿器科の専門医が施術をします。
パイプカットというと痛みを心配する人もいますが、麻酔を使用するので痛みの心配はないです。
将来子供を希望することがない人のみが、パイプカットの手術を受けます。
一般的なパイプカットは切開して行います。
パイプカットを希望する場合は、手術承諾書が必要になります。
施術を行った後に男性機能障害やEDと呼ばれる勃起不全の心配は全くないです。

切らないパイプカットも選択可能

日本では切るパイプカットが主流ですが、切らないパイプカットもあります。
NSV法はメスを使わない新しいパイプカット法です。
欧米では主流となっている方法で、陰嚢の中央に特殊な器具を使って穴を開け精管を引き出して縛り固定します。
メスを使って切開しないので、体への負担が少なく手術も短時間で済みます。
従来のパイプカット手術に比べると、施術中の出血や痛みも少なく傷も早く治る傾向にあります。
合併症も少ないので、日本でもNSV法に注目している男性が増えています。
NSV法の施術時間は約30分で、当日から仕事をすることも可能です。
腫れが少ないなら約1週間後から性交渉もできます。
施術後の検査で精子が消えたと確認できるまでは、避妊の必要があります。
NSV法の施術を行った場合、通常は施術を行ってから1ヵ月後に精液検査を行います。
精液検査の当日はクリニックに精液を持参し、精子が消失しているかを確かめます。

まとめ

従来のパイプカットとNSV法にはそれぞれ特徴があり、患者は担当医とよく相談して施術方法を決定します。
パイプカットは精管が自然に再開通しないように施術を行うので、再度元の状態に戻すのは困難です。
精管の再開通手術を行っても、妊娠の可能性は低いです。
パイプカットを希望する場合は、慎重に考えて決めることが重要になります。
パイプカットは、他の施術と併用することができます。
人気があるのが亀頭増大術で、ヒアルロン酸を注入する方法だとリーズナブルな価格で施術を受けられます。

パイプカット後の痛みはいつまで続く?

パイプカットは男性が行う避妊法

男性が行う避妊方法には様々な方法がありますが、最も知られているのがコンドームです。
コンドームの避妊率は3%から14%なので、絶対に子供が欲しくないカップルにとってはリスクが高いです。
将来子供を作らないと決意している男性の中には、不妊手術を受ける人もいます。
パイプカットの施術を受ければ、避妊をしなくてもパートナーが妊娠する可能性はなくなります。
精管をしばることで、睾丸から精子が精液の中に入るのを防ぐことができます。
パイプカットの施術を行っても男性ホルモンの分泌は変わらないため、男性的な魅力はそのままです。
パイプカットによって精管をしばると、射精した際には精子のない精液が出ます。
施術方法は簡単で、副作用の心配がないというメリットもあります。
パイプカットの手術時間は左右で30分ほどです。
最初に陰のうに局所麻酔を行い、1センチほど切開します。
精子を運ぶ精管があるので、精子が通れないようにしっかりと縛ります。

パイプカットの施術と痛み

傷口をとける糸で縛ればパイプカットの施術は終了です。
とける糸を使うので、抜糸をするためにクリニックへ通わずに済みます。
1ヵ月後に精液検査を行って手術の成功を確かめます。
精液検査を行って精子が出ないと確認されるまでは、避妊を続けます。
クリニックによっては、定期的に精液検査を行うケースもあります。
パイプカットは簡単な施術ですが、実績のあるベテランの医師に手術を依頼することが大切です。
パイプカットの手術を受ける場合、いつまで痛みが続くか心配になる人もいます。
局所麻酔を用いるので手術中の痛みはほとんどないですが、患者によっては下腹部や睾丸に少し痛みが出ることもあります。
いつまで痛みが続くかについては個人差があります。
一般的に1週間から2週間くらいで痛みは和らぎます
シャワーは手術を行った日から可能です。
入浴は手術から1週間経てば可能になります。
最近は郵送での検査が可能になっていますが、精液検査は直接クリニックで行います。

まとめ

子供を作らないという強い決意がある場合、パイプカットは避妊効果が非常に高いです。
費用もそれほど高くなく、手術も比較的簡単なので仕事にもすぐに復帰することができます。
精子は出ないものの精液は出るので、性交渉時の違和感はないです。
パイプカットの成功率は100%に近く、内出血や感染症などの合併症リスクも低くなっています。
メスを使わない方法だと、さらに合併症のリスクは下がります。
パイプカット手術を受けた後に生殖能力を戻したいと考える人もいますが、一度失った生殖能力は戻らない可能性が少なくないです。

パイプカットはいつから可能?効果は一生もつ?

パイプカットはいつからできる?

男性が行う避妊方法の1つに、パイプカットがあります。パイプカットとは精巣から精子を送り出す精管という部分を切断して端をしばったり、閉じたりする手術法のことをいいます。睾丸から精子が精液に送り出されるのを防ぐので、非常に高い避妊効果が期待できます。精巣から出る男性ホルモンは今までのように分泌されるので、性行為を行うことも可能です。では、いつから手術を受けることができるのでしょうか。パイプカットは母体保護法に基づいて行われます。誰でもできるというわけではなく、子供が複数いて子育てが終わった年代になってからでないとパイプカット手術をすることはできません。また、既婚者であることも手術を受ける条件となることが多いようです。この場合には事実婚も含まれます。パイプカットは絶対に子供がいらないという人が行う手術になります。後から子供が欲しくなったりする可能性がある場合には受けられません。何歳からと具体的には決まっておらず、クリニックによって独自の基準が設けられています。

パイプカットの効果は一生続く?

パイプカットは非常に高い避妊効果を持っているので、その効果は一生続きます。子供はもういらないと考えている人には最適の避妊方法といえるでしょう。手術の成功率も99%を越えるなど非常に高く、安全性も確立されているので合併症を発症するリスクもほとんどありません。しかし、手術を受けた人の中にはやはり子供が欲しいと思い直す人もおり、しばったり閉じたりした精管を再結合させる手術を行うこともあります。その結果、生殖能力が回復したという事例もあるようです。ただし、再結合手術を行っても生殖能力が回復しないこともあります。その場合にはもう子供は望めません。そのためパイプカット手術を受ける際には、ライフプランをじっくりと検討しパートナーとも子供についてしっかりと話し合う必要があります。パイプカット手術から再結合手術までの時間が長くなればなるほど、生殖能力が回復する可能性が低くなると言われています。

まとめ

パイプカット手術を受けるには、既婚者であることや既に子供がいること、子育てが一段落している事等が条件になります。その条件はクリニックによって異なっており、20代など年齢が若い時には受けることはできません。また、避妊効果は非常に高く、効果は一生持続します。精管を再結合する手術を行えば生殖能力が回復することもあります。ただし、再結合手術をしても生殖能力が回復しないこともあるので、パイプカット手術をする時は事前にしっかりと検討することが重要です。

パイプカットの病院選びのポイント

パイプカットの実績が豊富で症例数が多い

避妊をするためにパイプカットの手術を受ける場合、それなりの覚悟が必要です。外科的な手術ですのである程度のリスクはつきまといますし、多額な費用もかかります。一度パイプカットの手術を受けてしまうと元に戻すのは難しいですので、パートナーの女性と相談して正しい判断をしなければなりません。それにプラスして、信頼できる病院を選ぶということも大切です。パイプカットの手術を受けることが出来る病院は全国各地にありますので、それぞれをきちんと比較することが重要になります。病院選びにおいて見極めるべきポイントはたくさんありますが、最も重視すべきなのが実績の豊富さや症例数の多さです。技術レベルが高くて経験が豊富なドクターにお任せすれば、安全性や信頼度や安心感はアップします。料金設定の明瞭さやリーズナブルさや病院の立地の良さやアクセスのしやすさなど、病院選びにおいて比較すべきポイントは数多くありますが、まずは実績や経験や症例数などに着目することが大事です。

口コミ評価が高く評判が良い

パイプカットの手術を受けるための病院選びにおいて、実際にその病院でパイプカットの手術を受けたことがある男性による体験談や口コミも参考になります。口コミや体験談の件数が多いということは、それだけ知名度が高いということにもなり、選ぶ際の指針にもなるでしょう。リアルな声がわかるので、施術時間の長さや施術時の痛みや術後の状態やトータルでかかった費用など、詳しい情報を知ることが出来ます。医師や看護師の対応やカウンセリングの丁寧さや院内の様子や雰囲気など、実際にその病院に行ったことがある人にしかわからないような情報もゲットすることが出来るので、病院選びをする際は事前にチェックすべきです。口コミの評価が高かったり評判が良かったりすれば受診の決め手になりますし、逆に評判が悪かったり評価が低かったりすれば病院選びの失敗を防ぐことにもつながります。たかが口コミと軽視せずに、しっかりとリサーチしておきましょう。

まとめ

パイプカットの手術を受ける際の病院選びの重要性や、選ぶ際に見極めておくべきポイントについての理解が深まったのではないでしょうか。女性を妊娠させてしまうリスクが無くなる、コンドームを使用する必要が無くなるので物理的な負担と経済的な負担が軽減される、安全で安心で充実度や満足度の高いセックスライフを送ることが出来るなど、パイプカットにはありとあらゆるメリットがあります。そのメリットを最大限に活かすためにも、信頼できる最適な病院を選んで納得のいく手術を受けましょう。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén